フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」 書評

インプレスの株主優待で手に入れて読みました。

著者はフリーランスで活躍されているイラストレーターで、これまでどのようにフリーランスとして独立して生活ができるようになったかを、マンガで描いた内容になっています。

内容はとても面白かったです。

著者の人生がコミカルに描かれていて、主人公に感情移入しながら進めていける冒険RPGのようなハラハラドキドキ感を味わえました。


ストーリーは、著者が給料が低くて仕事のモチベーションも低い会社に不満を抱くところから始まります。そこからフリーランスへのあこがれを抱き、尊敬するフリーランスの先輩にアポなしで会いに行きます。(アポも取らないでいきなり飛行機を手配して直接会いに行くのはとんでもなく行動力があってすごいなと思う反面、突然こんな人が自宅に押し掛けてきたらすごい迷惑だろうな・・・とも思いました。)

アポなしで会いに行った相手(初対面)と2時間後には温泉に入りお茶を酌み交わし、その勢いのまま会社を退職します。(これもすごい行動力があるなと思う反面、そんなんで大丈夫なのか・・・?と不安になりました。)

案の定仕事が来ず、著者は仕事のスタイルを変えることになります。



ここで強調されているのが「営業の大切さ」です。

フリーランスになったら営業はとても重要で「仕事は来ないときは営業をしなさい」と著者は本の中で言っています。


「直接のアポや持ち込みは迷惑」と考えて営業をためらうケースが多いですが、多くの編集者やデザイン事務所等のクライアントに聞いてみると「基本的にはイラストレーターに限らず業務提携可能なフリーランサーの営業は歓迎している」という回答がほとんどです。

P.52

本の中で著者は、自分の絵柄に合うような雑誌を書店で探して、その連絡先をメモしてひたすらアポを取っていたようですが、最近はネットがあるので、ネット上でアポを取りつける形のものも多いのではないかと思います。


その後営業がうまくいき、著者は会社員時代よりも高い給料を得られるようになります。すごいサクセスストーリーですね!

その後も様々な失敗や経験を経て、フリーランスとして生活していくのですが、そのストーリーもとても面白く、参考になることもあったり、登場人物にむかつくこともあったり、著者の失敗体験にこちらも落ち込んでしまったり、、、読んでいて感情移入しやすい作品になっていました。



フリーランスとして独立したいと思っている方は、読んでいて参考になることが多い内容になっていますし、フリーランスとは関係ない方も読んでいて楽しめる内容になっていると思いました。勉強にもなるし楽しめるし、一石二鳥の本でした。

文章が少なめのマンガで、読みやすく面白い本でした。読んでよかったです。

おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 書評

インプレスの株主優待で手に入れて読みました。


内容は、中学生が放課後のクラブ活動でお金の話を学ぶというもので、会話形式で話が進んでいきます。中学生向けにお金にまつわる解説する本でしたが、ところどころ小説のような描写もありました。

いちおう起承転結のストーリーがあり、読んでいても飽きさせない工夫がされているなと感じました。


ただ、内容がかなり易しめ(中学生向け?)に作られているので、中盤で飽きてしまいそうになりました。後半の親子のストーリーはなかなか面白かったですが、それ以外はあまり盛り上がるところがなく、全体としては冗長な本だと思いました。。。

細かいお金の話については、考えさせられるようなところもあり、満足できる内容でした。ただ、繰り返しますが、内容が易しめなので、薄い内容の本を読んでいるなとも感じました。


あと、主人公が中学生なのですが、ちょっと賢すぎるのではないかと思うような場面がありました。(元々は小学生の主人公だったらしいですが・・・)理解力がありすぎると言うか、応用力や行動力がかなりあるので、現実の中学生とは少しかけ離れている印象でした。ピケティの不等式が出てきたときに、その概念をすぐに理解していたので、さすがに普通の中学生ではそこまで理解できないだろうと思いました。まあ創作なので仕方ないと言われればそれまでですが・・・。

社会科見学をする場面は面白かったです。リサイクル工場で障害者について考えたり、投資家の会社に見学に行ったり。。。会社を見学するのは大人も子供も楽しめて良いですね。知らない世界を学べた気になります。


この本の1番の盛り上がりどころは、後半の親子のやりとりだと思うのですが、その場面はとても面白かったです。これまでの伏線が回収されて、謎が解き明かされていくのは爽快でした。祖母が言っていた従業員のことも考えるとか、取引先や、金融機関のことも考えなければいけないとはその通りだと思いました。大人と子供の考えのずれがうまく表現されていて、面白い小説を読んでいるようでした。著者にはこんな金融の本ではなく、小説を書いてほしいと思いました。

1つだけ納得がいかなかったのは、主人公の少年がクラブに入るきっかけが漠然とし過ぎていたことです。父親同士が同級生であることが伏線になっていなかった(たまたま偶然だった)という結論はいかがなものかと思いました。もう少しちゃんとストーリーを組み立ててほしいと思いました。



全体的にはまあまあな本だと思いました。amazonで☆4つ付いているのは、高評価すぎると思いました。面白くないわけではないですが、読者ターゲットはかなり限定されている本だと思いました。中高生や大学1年生くらいが読むとちょうどいいと思います。

孤独のグルメはとにかく面白い

孤独のグルメがとにかく面白い。

このドラマを始めて見たときは、ひきこもりだった。

あの頃は家にずっといて、ネットをしないでテレビばっかり見ていた。

たまたま見ていたチャンネルで孤独のグルメをやっていて、たまたま最後まで見た。

最初はボーっと見ていただけなので、特に面白いとか感じなかったけど、何回か見ていくうちにだんだんと好きになっていった。理由はよくわからないけれど、また次が見たいと思わせる謎の魔力があった。

ひきこもりではなくなって、精神科に通うようになったころからネットをよくするようになり、次第にテレビを見る機会が減っていった。それに合わせるように孤独のグルメからも遠ざかっていた。

しばらく見ていなかった孤独のグルメにまた出会ったきっかけは、アベマTVだった。アベマTVでは毎日11時ごろに必ず孤独のグルメを放送している。テレビから遠ざかりネットに浸っていた私に、ちょうどいいタイミングで孤独のグルメが向こうから近づいてきた。

アベマTVの孤独のグルメは全エピソードを繰り返し放送しているので”孤独のグルメファンとして毎日見続けて全エピソード制覇しなければ!”と思い、毎日アベマTVで孤独のグルメを見ていた。

全エピソード制覇した後も、まだ見たい欲求が消えず、同じエピソードも繰り返し見ていた。

最近はアベマTVで見る機会は減ったけど、YouTubeにアップされているのを時々見ている。

孤独のグルメはなぜこんなに面白いのか。

私はその理由がよくわかっていないのだが、おそらく、特に争いが起きない平和なストーリーだからかなと思っている。

どこにでもいそうな平凡なおじさんが、ひたすら好きなご飯を食べる。時にはがっつきながら、時には汗をかきながら、常に笑顔で美味しそうにご飯を食べる。

どこにでもあるような日常だが、その日常がいい。

平和な日常こそ我々現代人の癒しになる。

おじさんが美味しそうにご飯を食べるという癒し。

穏やかな日常が流れていく癒し。

美味しいご飯を食べるという幸せは、人類が共通して得ることのできる癒しなのだ。

このドラマは孤独なのがいいのだろう。と言うか孤独でなければいけない。誰かと一緒にご飯を食べるのは気をつかってしまう。誰からも邪魔されずにご飯を食べるから、このドラマは我々に癒しを与えてくれるのだ。

ただ、こんな平凡なおじさんがご飯を食べるだけで癒されるという現代はいかがなものだろうかとも思う。

誰だってご飯を食べるときくらいは楽でいたいものだろう。誰からも邪魔されたくないものだろう。

現代は雑念が多すぎる。雑念社会だ。

たまには孤独のグルメの主人公のように、1人で美味しいごはんを無我夢中で幸せに食べたい。

孤独のグルメの魔力は無限大だ。

https://www.bilibili.com/bangumi/play/ep169456/

Vanilla Forumsの質問サイトを作った

Vanilla ForumsというフリーのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って質問サイトを作った。Wordpress以外のCMSを使うのは初めてだったけど、意外と簡単だった。

サイト↓

http://gowalk.sakura.ne.jp/qa/vanilla-core-2-6-4/index.php?p=/

今使っているレンタルサーバーはさくらなので、ファイルマネージャーを使ってデータをアップロードした。さくらのファイルマネージャーはファイル自体のアップロードができないので、一度Vanilla Forumsをzip形式に変更して、ファイルマネージャーでアップロードして、解凍してインストールした。

zip形式に変更しないでアップロードしようとすると、1個1個データをアップロードしなければいけなくなるのですごく面倒になる。zipにしてアップロードして解凍するとすぐ終わる。

始めは1個1個アップロードしていたが、zipでアップロードできることを知って、試してみたらうまくいった。

質問サイトを使ってこれをやりたいというものはないのだけれど、自分の知りたいこととか、誰に聞けばいいかわからないようなことが相談できるような場所があればいいなといつも思っているので、これが何かしら役に立てたらいいと思う。



まぁたぶん誰も使わないだろうから自分のメモ帳になるだろうけど・・・

何か誰かの役に立つようなことに使えたらいいと思うけど、誰の役に立つのかわからないし、何の役に立つのかもわからない。

人の役に立って自分も得する形が一番いいけれど、それはなかなか難しい。

次もなにかフリーのCMSで使えるものを試しに使ってみようと思う。


なんか最近全然やる気がでないなぁ・・・

underwatchedという単語の意味

海外のアニメに関する批評(redditとかMyAnimeListとか)を見ていたら、underwatchedという単語が出てきた。Google翻訳にかけてもアンダーウォッチとしか表示されないし、検索をかけても奇妙なYouTubeの動画が表示されるだけだし、いったい何を意味しているのだろうと思った。

調べてみるとUnderrated(過小評価されてる)という単語のコメントと一緒に並んでいることが多い。

どうやら

underwatched = 見られてない

という意味で解釈するのがよさそうだ。

見ている人が少ない知られていない、という意味みたいだ。この単語がいつ生まれたものなのかわからないけど、検索にかけてもでてこないってことは最近できた言葉なのかもしれない。

日本語でも新しい言葉が日々生まれたりするけど、英語でも同じようなことがあるのかな~と思いました。