孤独のグルメはとにかく面白い

孤独のグルメがとにかく面白い。

このドラマを始めて見たときは、ひきこもりだった。

あの頃は家にずっといて、ネットをしないでテレビばっかり見ていた。

たまたま見ていたチャンネルで孤独のグルメをやっていて、たまたま最後まで見た。

最初はボーっと見ていただけなので、特に面白いとか感じなかったけど、何回か見ていくうちにだんだんと好きになっていった。理由はよくわからないけれど、また次が見たいと思わせる謎の魔力があった。

ひきこもりではなくなって、精神科に通うようになったころからネットをよくするようになり、次第にテレビを見る機会が減っていった。それに合わせるように孤独のグルメからも遠ざかっていた。

しばらく見ていなかった孤独のグルメにまた出会ったきっかけは、アベマTVだった。アベマTVでは毎日11時ごろに必ず孤独のグルメを放送している。テレビから遠ざかりネットに浸っていた私に、ちょうどいいタイミングで孤独のグルメが向こうから近づいてきた。

アベマTVの孤独のグルメは全エピソードを繰り返し放送しているので”孤独のグルメファンとして毎日見続けて全エピソード制覇しなければ!”と思い、毎日アベマTVで孤独のグルメを見ていた。

全エピソード制覇した後も、まだ見たい欲求が消えず、同じエピソードも繰り返し見ていた。

最近はアベマTVで見る機会は減ったけど、YouTubeにアップされているのを時々見ている。

孤独のグルメはなぜこんなに面白いのか。

私はその理由がよくわかっていないのだが、おそらく、特に争いが起きない平和なストーリーだからかなと思っている。

どこにでもいそうな平凡なおじさんが、ひたすら好きなご飯を食べる。時にはがっつきながら、時には汗をかきながら、常に笑顔で美味しそうにご飯を食べる。

どこにでもあるような日常だが、その日常がいい。

平和な日常こそ我々現代人の癒しになる。

おじさんが美味しそうにご飯を食べるという癒し。

穏やかな日常が流れていく癒し。

美味しいご飯を食べるという幸せは、人類が共通して得ることのできる癒しなのだ。

このドラマは孤独なのがいいのだろう。と言うか孤独でなければいけない。誰かと一緒にご飯を食べるのは気をつかってしまう。誰からも邪魔されずにご飯を食べるから、このドラマは我々に癒しを与えてくれるのだ。

ただ、こんな平凡なおじさんがご飯を食べるだけで癒されるという現代はいかがなものだろうかとも思う。

誰だってご飯を食べるときくらいは楽でいたいものだろう。誰からも邪魔されたくないものだろう。

現代は雑念が多すぎる。雑念社会だ。

たまには孤独のグルメの主人公のように、1人で美味しいごはんを無我夢中で幸せに食べたい。

孤独のグルメの魔力は無限大だ。

https://www.bilibili.com/bangumi/play/ep169456/

株を始めたら1週間でー20%になった

はじまり

 

2018年の1月の終わりごろ、人生で初めて株を買いました。

 

株を始めてみようとは前々から思っていたのですが、なかなか決心がつかなくて、やっと始める気になったのがこの時期でした。

 

ちょうどその頃は仮想通貨バブルが起きていて、世間は仮想通貨が気になって仕方ないというような雰囲気でした。

 

いつまで上がるのか。

どこまで上がるのか。

いつ下がるのか。

今から買っても儲かるのか。

どうやって買えばいいのか。

 

私も仮想通貨に興味を持っていたので、いくつかのサイトで口座を開設しました。ただ、仮想通貨は年末から下がり続けていたので結局買いませんでした。その代わりに株を買うことにしました。

 

 

株を買うまで

 

初めは何を買えばいいのかわからなかったので、とりあえずネットで株取引に必要な知識を勉強しました。

 

ファンダメンタル分析、テクニカル分析、いろいろな手法があるんだな~と気楽に学んでいました。株取引に関係するサイトは大量にあったので、知識や情報が少なくてわからないというよりも、情報がありすぎて取捨選択をどうすればいいのかわからないという心境でした。

 

ゴールデンクロスとか、トレンドラインとか、サイコロジカルラインとか、多すぎてよくわからない…。

 

どうやって活用すればいいんだ…どうやって計算すればいいんだ…何をどう見ればいいんだ…?

 

初めはチャートを見て、これは線が引けるのか引けないのかどうなんだ?とかやっていましたが、証券会社のチャートって、ログインすれば勝手に線を引いてくれるんですよね。それを知ったときは今までの苦労は何だったんだ…と思いました。

 

買いサインとか売りサインの銘柄をランキングで表示しているサイトや、出来高ランキングとか、空売りランキングとか、変動ランキングとか、、、便利なサイトは探せばいくらでもあるので、自分で計算する必要はまったくありませんでした。ほしいデータはネット上にだいたいあります。ただ、リアルタイムの変動を見ようとするとお金が必要だったりします。

 

最終的には、ツイッターで株をやっている人たちのつぶやきを参考にして、株を買いました。使えるお金があまりなかったので、安く買える株だけ(低位株)をいくつか買いました。

 

 

買った後

 

買った初日、いきなり5になりました。でも、株価は毎日変動するし、初日がダメでもなんとかなるだろうと、ポジティブに考えていました。

 

次の日もマイナスでした。その次の日もマイナスでした。しかし、とりあえずやってみなければわからないので、やりながら覚えていこうと思っていました。まだ初めたばかりだし、株価が多少下がっても勉強料のつもりで受け止めようと、のんきに構えていました。

 

しかしそのすぐ後、あることが起きました。

 

アメリカ発世界同時株安です。

 

25日、ダウ平均株価が過去最大の値下がり幅を記録しました。

 

ダウ平均株価は2月5日、1日の下げ幅としては過去最大の1175ドル下落。これを受けて東京株式市場でも、翌6日に1071円値下がりしました。

NHKニュース

 

この数日前から、なんか危ない気配があると、株をしているツイッタラーの方々が警告していましたが、よくわかっていませんでした。私が初日で―5%になったのも、この株安につながる一連の流れだったようでした。

 

26日、これ以上持っていても下がるだけだろうと判断して、20で持っている株をすべて売りました。初めて株を買ってから1週間の出来事でした。かなりへこみました。勉強料にしては高過ぎました。

 

さらにショックだったのが、翌日売った株すべてが値上がりしていました。株とはこういうものなのか、、、ということを思い知りました。洗礼を受けるとはまさにこういうことを言うのですね。。。

 

 

さいごに

 

一応それからも株を続けてみたのですが、しばらくの間利益がでず損失ばかりでした。。。利益を初めて出せたのはそれから2週間後でした。。。長かった。。。初めて利益を出せたときは、嬉しいというよりもホッとした気分でした。株で利益を出すことは不可能ではなかったんだ、と安堵しました。

 

今も株は続けていますが、-20%の損失は未だに取り返せていません。厳しい世界ですね。

 

皆さんは、株を買う時は世界経済の動きを把握してから買いましょう。経済の流れには勝てません。景気のいいときに買って売って、景気の悪いときには株を買わないようにしましょう。

 

 

1週間で―20%になった初心者からのアドバイスでした。