ボンバーマンランドで遊んだ思い出

PSにボンバーマンランドというゲームソフトがある。小学生のころよく遊んでいたソフトだ。ボンバーマンランドにはピースを集めるストーリーモード、ボンバーマンの対戦をする対戦モード、ミニゲームで遊ぶミニゲームモードがあった。どれも楽しかった。

ストーリーモードはボリュームたっぷりで、ピースをすべて集めるのにとても苦労した覚えがある。簡単なものは木にぶつかるだけでピースが手に入るけど、難しいものはミニゲームで高得点を取らないといけなかったり、ボンバーマンの対戦でボスを倒さないといけなかったりする。ストーリーモードには5つのゾーン(エリア)があり、それぞれのゾーンで25枚のピースを集めなければいけない。つまり、すべてのゾーンでピースを集めると全部で125枚になる。これがなかなか大変だった。もちろん面白かったけど、かなり大変だった記憶がある。

ストーリーでミニゲームを遊ぶと、ミニゲームモードでゲームが解放されて、よりハイスコアを目指せるようになる。特に覚えているのが、爆弾の色を識別して色分けする「爆弾工場」と、〇ボタンを連打して石像を削る「岩削り」だ。

爆弾工場はひたすらやりこんで、9990のカンストを記録した。ミスをしなければ永遠に続けられるゲームなので、時間の許す限りひたすら続けていた覚えがある。単純なゲームってなんであんなに熱中してしまうのだろう。

岩削りはいわゆる連打ゲームなのだけれど、友達と一緒に遊んでいるとき、ひたすらボタン連打している私の姿を見た友達が、なぜか爆笑していた。友達いわく「ボタンを連打するスピードが速すぎて面白い」と言っていた。私の連打の仕方は手に力を入れて指を震わせるようにして連打をするスタイルだったのだが、指をスライドさせて連打する方法しか知らなかった友達からすると、スピードの違いに驚いて面白く見えたらしい。こんなことが面白く感じるのかと不思議に思った。懐かしい思い出だ。

だけど友達とボンバーマンランドで遊ぶ機会はあまりなかったので、ひたすら1人でやりこみプレイをすることが多かった。CPU相手にボンバーマン対戦をしたり、ミニゲームでハイスコアに挑戦していた。

このゲームに入っているボンバーマン対戦のルールにサドンデスというものがあり(たぶん他のボンバーマンのゲームソフトにもはいっていると思うけど)よく遊んでいた。時間がくると上からブロックが降ってきて、対戦フィールドが端から埋め尽くされていくというものだ。埋め尽くされるパターンはいくつか種類があって、渦巻き状に埋め尽くされるものもあれば、上下から順番に埋め尽くされるものもあった。(記憶を頼りに書いているので、もしかしたらまちがっているかもしれない・・・)このルールがかなりハラハラドキドキして面白かった。

楽しい思い出が詰まっているボンバーマンランド。今遊んでも楽しめるかな。

ネットの懸賞に当選した

日本ハム森の薫りプレゼントキャンペーン(ネット懸賞)に当選した!

こういうネットで応募するタイプの懸賞って、応募人数も多いだろうから当たらないだろうと思っていたけど、当たった。なんで当たったのかわからない。(たぶん運)

ネットで応募する懸賞ってら結構存在していて、有名な食品メーカーなら毎月キャンペーンで募集しているし、JAも各地域ごとに毎月プレゼントをしてます。(変わりどころだとNEXCO西日本とか、キッズステーションとか、図書カードNEXTとかがあります。)それぞれの当選確率がどれくらいなのかはよくわからないけど、応募すればちゃんと当たるみたい。当選させなくてもばれないと思うけど、真面目にプレゼントしているみたいですね。

(そういえば以前、クロスワードパズル雑誌の懸賞で、当選者数を偽っていた問題がニュースになったことがあったなぁ。。。こういう当選しますと言っておいて当選させないのは景表法違反になるのかもしれない。。。)


ちなみに今回当選した日本ハムのキャンペーンは当選者20名でした。商品はウインナーとハムが2パックずつ。

当選した商品がこちら

見えにくいけど、ウインナーの奥にハムがあります。

当選おめでとうございますという紙も入ってた。

ムーミンが下にいる。かわいい。




ある日時間を持て余していた時に、なんだか無性に懸賞に応募してみたくなって、ひたすら懸賞に応募し続けた時期がある。(それが今回の結果につながった)

懸賞に応募した数はおそらく50以上で、そのうちの1つ(日本ハム森の薫りプレゼントキャンペーン)が今回当たった。正直他に当たってほしいもの(家電とか)がたくさんあったけど、まあ無料でウインナーとハムが手に入るならそんなことはこの際どうでもいい。ネットでサイトに会員登録してクイズに答えるだけで良質なお肉が手に入るのだから、こんなに楽なことはない。ネットでカチャカチャとキーボードを入力しただけで手に入る見返りとしては最高だろう。


最近ふりーむというサイトにメルマガ登録してみたら、Twitter懸賞に関するお得な情報をGETすることができた。大手の会社は自動で懸賞を判別してしまう(プログラムで設計されている)から意味ないけど、あまり大きくない会社や懸賞を手動で抽選しているような小さな規模のキャンペーンなら、応募時期によって当選確率が変わるらしい。

手動で選ぶ場合、応募が殺到する時間帯は、人間の手ですべてをさばくことができない。だから一部の人は、当選者を選ぶためのリストから外してしまって(外れてしまって)そもそも当選しなくなってしまうことがあるらしい。

なのでTwitterで応募するタイプの懸賞は、人が応募していない時間帯を見計らって応募するといいらしい。あくまでも小規模のキャンペーンに限られるけど。(今回当選した日本ハムは、おそらくプログラムで適当に当選させるタイプのものだと思うので、どんな工夫をしても関係ないように思います。)


懸賞の応募はこれからも続けて行こうと思います。また何か当たったらブログに書きます。

Vanilla Forumsの質問サイトを作った

Vanilla ForumsというフリーのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って質問サイトを作った。Wordpress以外のCMSを使うのは初めてだったけど、意外と簡単だった。

サイト↓

http://gowalk.sakura.ne.jp/qa/vanilla-core-2-6-4/index.php?p=/

今使っているレンタルサーバーはさくらなので、ファイルマネージャーを使ってデータをアップロードした。さくらのファイルマネージャーはファイル自体のアップロードができないので、一度Vanilla Forumsをzip形式に変更して、ファイルマネージャーでアップロードして、解凍してインストールした。

zip形式に変更しないでアップロードしようとすると、1個1個データをアップロードしなければいけなくなるのですごく面倒になる。zipにしてアップロードして解凍するとすぐ終わる。

始めは1個1個アップロードしていたが、zipでアップロードできることを知って、試してみたらうまくいった。

質問サイトを使ってこれをやりたいというものはないのだけれど、自分の知りたいこととか、誰に聞けばいいかわからないようなことが相談できるような場所があればいいなといつも思っているので、これが何かしら役に立てたらいいと思う。



まぁたぶん誰も使わないだろうから自分のメモ帳になるだろうけど・・・

何か誰かの役に立つようなことに使えたらいいと思うけど、誰の役に立つのかわからないし、何の役に立つのかもわからない。

人の役に立って自分も得する形が一番いいけれど、それはなかなか難しい。

次もなにかフリーのCMSで使えるものを試しに使ってみようと思う。


なんか最近全然やる気がでないなぁ・・・

underwatchedという単語の意味

海外のアニメに関する批評(redditとかMyAnimeListとか)を見ていたら、underwatchedという単語が出てきた。Google翻訳にかけてもアンダーウォッチとしか表示されないし、検索をかけても奇妙なYouTubeの動画が表示されるだけだし、いったい何を意味しているのだろうと思った。

調べてみるとUnderrated(過小評価されてる)という単語のコメントと一緒に並んでいることが多い。

どうやら

underwatched = 見られてない

という意味で解釈するのがよさそうだ。

見ている人が少ない知られていない、という意味みたいだ。この単語がいつ生まれたものなのかわからないけど、検索にかけてもでてこないってことは最近できた言葉なのかもしれない。

日本語でも新しい言葉が日々生まれたりするけど、英語でも同じようなことがあるのかな~と思いました。

停滞してる

なかなか前に進まない。特に何が進まないというわけではないけれど、人生が停滞している感じがする。クラウドワークスで仕事をしたり、家の手伝いをしたりしてるけど、自分の人生がこんなのでいいのだろうかという考えが、常に頭にある。少なくとも親に寄生している現状はいいものではない。作業所も休んでいるし、外出が前よりも厳しくなってしまっている。どうすればいいのだろうか。

もがいてみるしかないのだろうけど、もがいているのはいつだって辛い。体が疲れているのか、最近睡眠時間が増えつつある。一時あまり眠れない時期があったのでその反動なのだろうか。長く眠っていると余計なことを考えなくて済むのでありがたいけど、やっぱり眠っているだけで何も活動しないのは、精神的によろしくない。

眠りは難しい。

眠るまでに時間がかかったりすると、だいたい考えなくてもいい余計なことを考えてしまう。あまり言葉に出さないほうがいいこととか。長い時間眠りについていればいるほど、生きている辛さから解放されるので嬉しかったりする。生きていることは辛いことなので、眠れるだけ眠っていたい。

でもそんなことでは生きていけない。生きるためには何かしら行動をしなければいけない。

そうやってなにかしら活動をしてみるけど、結局辛くなって、現実に打ちのめされてしまう。

長い時間眠っていると、余計に眠っていた時間の分なにかができたのではないかとか、まともに働いていないくせにこんなに眠っているお前はいったい何なんだとか、自分を責めることを考えてしまう。長い時間の睡眠は精神的にありがたいと思う反面、自分を責めたくなってしまう。

自分を責めるのはよくないことだけど、現実的に考えればただ眠っていて何もしていない人間は責められても仕方ないだろう。自分が仮に社会人でまともに働いていたら、何もしないで寝ているだけの人間に対して攻撃するだろう。「何がしたいの?」「何してるの?」「どうしたいの?」「意味が分からない」「そんなんでいいと思ってるの?」「どうしようもない人間だな」

自分を責める言葉はいくらでも思いつくけど、自分を擁護する言葉はあまり思いつかない。唯一「精神科に通って薬を飲んで治療しているから仕方がない」くらいだろう。それ以外で擁護をする言葉が思いつかない。

大学で就活が始まる直前は、こんなことになるなんて思ってもみなかったけど、精神的に追い込まれた結果精神科に通うようになったぐらいには、こんなじんせいになることはある程度覚悟していた。

もうあの頃の向上心なんてほとんどないから、頑張ろうにも頑張れない。頑張っても報われそうな気がしない。

でも少しずつやるしかない。少しずつ何かを手探りで進めていくしかない。

 

成功できる希望はないけれど、死なないくらいの希望ならあるはずだ。