体罰を完全に禁止している国では若者の暴力が少ない

元の論文

https://bmjopen.bmj.com/content/8/9/e021616

Corporal punishment bans and physical fighting in adolescents: an ecological study of 88 countries

 Frank J Elgar, Peter D Donnelly, Valerie Michaelson, Geneviève Gariépy, Kira E Riehm, Sophie D Walsh, William Pickett

 

 

 

体罰を完全に禁止している国では若者の暴力が少ない

 

概要

国際レベルで、体罰禁止と若者の暴力の関連性を調査をした。

低所得から高所得の国88か国を対象とした。

学生の健康調査は学校を基準にした。

 

 

結果

頻繁なけんかの発生、は女性(2.8%, 95% CI 2.5% to 3.1%) より男性 (9.9%, 95% CI 9.1% to 10.7%) の方が一般的であり、コスタリカの女性0.9% (95% CI 0.8% to 0.9%) からサモアの男性34.8% (95% CI 34.7 to 35.0) まで、国によって変化が大きかった。体罰が禁止されていない20か国と比べると、体罰が完全に(学校でも家でも)禁止されている30か国は、女性のけんか発生率42%男性のけんか発生率69%だった。体罰が部分的に禁止されている(学校では禁止されているが家では禁止されていない)38か国は、女性のけんかだけ少なかった(禁止されていない国と比べて56%)。

 

 

結論

国による体罰の禁止は、若者の暴力の減少に関連があった。データの限界と研究の設計のため、体罰の禁止が子どもの規律を早めるのか、若者の暴力を阻む社会環境を反映するのかどうか不明である。しかしながらこの結果は、体罰を禁止している社会は、若者が成長していない社会に比べて暴力が少ないという仮説を支持するものである。

 

 


私が小学生や中学生だったころ、あまり人が暴力をふるっているところを見かけませんでした。暴力的な人が一方的に叩いていたりとか、腹にパンチしているところは見かけたりしましたけど、暴力的にけんかしている場面はあまり見かけませんでした。

 

ただ、私は暴力で一つだけ思い出すことがあります。

私が高校を卒業して、運転免許を取るために自動車教習所に通っていたとき、県外から泊りがけで免許を取るために教習所に通っていた2人組が、休憩時間に

「かたぱんしようぜ」

と言っているのを耳にしました。

かたぱんってなんだ?

と疑問に思ったので、遠目でチラチラ見ていたら、2人が順番に相手の肩をパンチしていました。

かたぱん=肩パン=肩にパンチする、の意味だったのか!とそのときは驚きました。

アホな言葉だ、、、と思いました。略語になるくらいなので、かなり頻繁に使っているのでしょう。

肩にパンチしていったい何が楽しいんだ?

肩にパンチすること以外にやることないのか?

しかも「しようぜ」ってゲーム感覚なのか、、、?

なんで肩にパンチしようと思ったのだろう?

いつからゲームにまで昇華したのだろう?

いつから楽しいと思ったのだろう?

もしかしてかっこいいと思っているのか?

肩のパンチに耐えられないやつはダサいみたいな?

普通腹じゃないのか?

とにかくバカすぎるだろ、、、

と様々な考えが頭に浮かびましたが、心の中にしまいました。

 

 

これは暴力というにはあまりにも稚拙ですが、私が一番印象に残っている暴力です。

この論文におけるけんかの範疇には入らないと思いますが、私から見ると暴力ですね。

暴力も、人によって定義が変わるものだと思います。ハラスメントと同じで、相手が暴力だと感じたら暴力。

 

 

私は痛いのは全般嫌ですね。極力避けて生きて行きたいです。

 

 

野菜と果物の摂取量の変化は、体重の変動にどう影響があるのか

元の論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26394033

Changes in Intake of Fruits and Vegetables and Weight Change in United States Men and Women Followed for Up to 24 Years: Analysis from Three Prospective Cohort Studies.

Bertoia ML, Mukamal KJ, Cahill LE, Hou T, Ludwig DS, Mozaffarian D, Willett WC, Hu FB, Rimm EB.

PLoS Med. 2015 Sep 22;12(9):e1001878. doi: 10.1371/journal.pmed.1001878. eCollection 2015 Sep.

 

 

アメリカ人男性と女性の果物と野菜の摂取量と体重変化の関係を24年調べた:3つのコホート研究による分析

 

背景

現在の食事のガイドラインは、様々な果物と野菜を摂取することを勧めています。しかし、栄養成分に基づけば、ある特定の果物や野菜においては、健康的な体重の達成と維持に多かれ少なかれ有益でしょう。私たちは、繊維含有量の高い低グリセミック負荷の果物と野菜をより多く消費することは、健康的な体重とより強く関係があると仮定した。

 

検証方法と発見

私たちは、アメリカ人男性と女性合計133,468人に対して、大規模な3つの前向きコホート研究による、特定の果物と野菜の摂取量と体重変化の関係を調査した。1986年から2010年まで、これらの関係は、複数の4年間以内の間隔で調査し、同時にそれ以外のライフスタイルの変化である、身体活動と喫煙状況とダイエットという他の要素も調査した。結果は、ランダム効果メタ分析を用いて結合した。果物の摂取量の増加は、4年間の体重変化と反比例の関係が見られた。果物全体で、1日当たり-0.53ポンド(95% CI -0.61, -0.44)、ベリー系-1.11ポンド(95% CI -1.45, -0.78)、リンゴ/-1.24ポンド(95% CI -1.62, -0.86)。いくつかの野菜の摂取量の増加は、体重変化と反比例の関係が見られた。野菜全体で、1日当たり-0.25ポンド(95% CI -0.35, -0.14)、豆腐/大豆-2.47ポンド (95% CI, -3.09 to -1.85 lb)、カリフラワー-1.37ポンド (95% CI -2.27, -0.47)。一方、とうもろこし、えんどう豆、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜は、体重を増加させた。繊維含有量の高い低グリセミック負荷の野菜は、繊維含有量の低い高グリセミック負荷の野菜と比べて、体重変化と強い反比例の関係が見られた(p < 0.0001)。私たちの分析で、カギとなる交絡因子の測定をしたが、残りの交絡因子の可能性を除外できず、私たちの食べ物は詳しいポーションサイズの質問を頻出させているが、ダイエットに関するいくつかの測定方法は測定誤差を含んでいる。

 

結論

果物とでんぷん質でない野菜の消費量の増加は、体重変化に反比例し、これらの食品の他の特性が体重変化に大きく影響することを示している。

 

とてもわかりやすいグラフがあったので使わせてもらいました。


でんぷんの多い野菜を食べると太るそうです。やっぱり太るのはでんぷんなんですね。肉をたくさん食べる人より、炭水化物をたくさん食べている人のほうが太っている印象があります。太らないためには、でんぷんの少ない野菜を食べないとダメみたいです。野菜だからセーフとか思って、とうもろこしとかジャガイモばかり食べてると太りますよ。気をつけてください。

ヤギは幸せな表情をしている人間を好む

元の論文

http://rsos.royalsocietypublishing.org/content/5/8/180491

Goats prefer positive human emotional facial expressions

Christian Nawroth, Natalia Albuquerque, Carine Savalli, Marie-Sophie Single, Alan G. McElligott

Published 29 August 2018.DOI: 10.1098/rsos.180491

 

 

ヤギは幸せな表情をしている人間を好む

 

概要

動物の家畜化は、人間の環境によりよく適応するための、動物の行動と生理機能を形成してきた。したがって、人間の表情は、犬や馬といった、人と一緒によく働く飼いならされた動物にとって、非常に有益な情報である可能性がある。しかしながら、ヤギのような、主に製品化のために家畜化されたような他の動物に関しては、人間の表情を理解できるかどうか知られていない。この研究は、ヤギに見知らぬ人間の顔の表情(幸せな表情と、怒っている表情)の画像を同時に2枚見せて、区別できるかどうかを調べた。2つの画像は、1.3m離れたテスト場所の片方の壁に垂直に取り付け、ヤギをその壁と反対側の4.0m離れた位置から解放し、自由な探索と刺激の交流を行った。4回のテストを30秒ずつ行った。全体的に、ヤギは最初に幸せな表情と好んで交流した、これはつまり、ヤギは人間の表情に敏感であるということである。右側に幸せな表情が取り付けてあるとき、ヤギは初めに幸せな表情と長い間頻繁に交流した。しかし、左側に幸せな表情が取り付けてあるときは、その傾向はみられなかった。私たちは、生産用の家畜が、異なる感情価の人間の表情を区別し、幸せな表情を好むことを見せた。したがって、家畜化された動物の認知能力の影響は、前提とされているものよりも大きい可能性がある。

 

結論

私たちは、ヤギが人間の表情を区別することを初めて示した。ヤギは表情を区別できるだけでなく、ヤギの性別や人間の性別に関係なく、一般的に幸せな表情を好む。これらが示唆しているのは、動物が人間の表情を区別する能力は、仲間の家畜化の長い歴史とは無制限に、以前から信じられていたものより広範囲に広がっている可能性がある。

 

 


動物は、思っているより人間の表情を読み取れるみたい。幸せな表情をしている方が、動物も寄ってきやすいし、人間も寄ってきやすいってことですね。

私は、この論文を参考にして幸せな表情をしながらヤギに近づいたら噛みつかれました、みたいな話が聞きたいです。

 

そんな素敵な話をお待ちしております。