体罰を完全に禁止している国では若者の暴力が少ない

元の論文

https://bmjopen.bmj.com/content/8/9/e021616

Corporal punishment bans and physical fighting in adolescents: an ecological study of 88 countries

 Frank J Elgar, Peter D Donnelly, Valerie Michaelson, Geneviève Gariépy, Kira E Riehm, Sophie D Walsh, William Pickett

 

 

 

体罰を完全に禁止している国では若者の暴力が少ない

 

概要

国際レベルで、体罰禁止と若者の暴力の関連性を調査をした。

低所得から高所得の国88か国を対象とした。

学生の健康調査は学校を基準にした。

 

 

結果

頻繁なけんかの発生、は女性(2.8%, 95% CI 2.5% to 3.1%) より男性 (9.9%, 95% CI 9.1% to 10.7%) の方が一般的であり、コスタリカの女性0.9% (95% CI 0.8% to 0.9%) からサモアの男性34.8% (95% CI 34.7 to 35.0) まで、国によって変化が大きかった。体罰が禁止されていない20か国と比べると、体罰が完全に(学校でも家でも)禁止されている30か国は、女性のけんか発生率42%男性のけんか発生率69%だった。体罰が部分的に禁止されている(学校では禁止されているが家では禁止されていない)38か国は、女性のけんかだけ少なかった(禁止されていない国と比べて56%)。

 

 

結論

国による体罰の禁止は、若者の暴力の減少に関連があった。データの限界と研究の設計のため、体罰の禁止が子どもの規律を早めるのか、若者の暴力を阻む社会環境を反映するのかどうか不明である。しかしながらこの結果は、体罰を禁止している社会は、若者が成長していない社会に比べて暴力が少ないという仮説を支持するものである。

 

 


私が小学生や中学生だったころ、あまり人が暴力をふるっているところを見かけませんでした。暴力的な人が一方的に叩いていたりとか、腹にパンチしているところは見かけたりしましたけど、暴力的にけんかしている場面はあまり見かけませんでした。

 

ただ、私は暴力で一つだけ思い出すことがあります。

私が高校を卒業して、運転免許を取るために自動車教習所に通っていたとき、県外から泊りがけで免許を取るために教習所に通っていた2人組が、休憩時間に

「かたぱんしようぜ」

と言っているのを耳にしました。

かたぱんってなんだ?

と疑問に思ったので、遠目でチラチラ見ていたら、2人が順番に相手の肩をパンチしていました。

かたぱん=肩パン=肩にパンチする、の意味だったのか!とそのときは驚きました。

アホな言葉だ、、、と思いました。略語になるくらいなので、かなり頻繁に使っているのでしょう。

肩にパンチしていったい何が楽しいんだ?

肩にパンチすること以外にやることないのか?

しかも「しようぜ」ってゲーム感覚なのか、、、?

なんで肩にパンチしようと思ったのだろう?

いつからゲームにまで昇華したのだろう?

いつから楽しいと思ったのだろう?

もしかしてかっこいいと思っているのか?

肩のパンチに耐えられないやつはダサいみたいな?

普通腹じゃないのか?

とにかくバカすぎるだろ、、、

と様々な考えが頭に浮かびましたが、心の中にしまいました。

 

 

これは暴力というにはあまりにも稚拙ですが、私が一番印象に残っている暴力です。

この論文におけるけんかの範疇には入らないと思いますが、私から見ると暴力ですね。

暴力も、人によって定義が変わるものだと思います。ハラスメントと同じで、相手が暴力だと感じたら暴力。

 

 

私は痛いのは全般嫌ですね。極力避けて生きて行きたいです。