停滞してる

なかなか前に進まない。特に何が進まないというわけではないけれど、人生が停滞している感じがする。クラウドワークスで仕事をしたり、家の手伝いをしたりしてるけど、自分の人生がこんなのでいいのだろうかという考えが、常に頭にある。少なくとも親に寄生している現状はいいものではない。作業所も休んでいるし、外出が前よりも厳しくなってしまっている。どうすればいいのだろうか。

もがいてみるしかないのだろうけど、もがいているのはいつだって辛い。体が疲れているのか、最近睡眠時間が増えつつある。一時あまり眠れない時期があったのでその反動なのだろうか。長く眠っていると余計なことを考えなくて済むのでありがたいけど、やっぱり眠っているだけで何も活動しないのは、精神的によろしくない。

眠りは難しい。

眠るまでに時間がかかったりすると、だいたい考えなくてもいい余計なことを考えてしまう。あまり言葉に出さないほうがいいこととか。長い時間眠りについていればいるほど、生きている辛さから解放されるので嬉しかったりする。生きていることは辛いことなので、眠れるだけ眠っていたい。

でもそんなことでは生きていけない。生きるためには何かしら行動をしなければいけない。

そうやってなにかしら活動をしてみるけど、結局辛くなって、現実に打ちのめされてしまう。

長い時間眠っていると、余計に眠っていた時間の分なにかができたのではないかとか、まともに働いていないくせにこんなに眠っているお前はいったい何なんだとか、自分を責めることを考えてしまう。長い時間の睡眠は精神的にありがたいと思う反面、自分を責めたくなってしまう。

自分を責めるのはよくないことだけど、現実的に考えればただ眠っていて何もしていない人間は責められても仕方ないだろう。自分が仮に社会人でまともに働いていたら、何もしないで寝ているだけの人間に対して攻撃するだろう。「何がしたいの?」「何してるの?」「どうしたいの?」「意味が分からない」「そんなんでいいと思ってるの?」「どうしようもない人間だな」

自分を責める言葉はいくらでも思いつくけど、自分を擁護する言葉はあまり思いつかない。唯一「精神科に通って薬を飲んで治療しているから仕方がない」くらいだろう。それ以外で擁護をする言葉が思いつかない。

大学で就活が始まる直前は、こんなことになるなんて思ってもみなかったけど、精神的に追い込まれた結果精神科に通うようになったぐらいには、こんなじんせいになることはある程度覚悟していた。

もうあの頃の向上心なんてほとんどないから、頑張ろうにも頑張れない。頑張っても報われそうな気がしない。

でも少しずつやるしかない。少しずつ何かを手探りで進めていくしかない。

 

成功できる希望はないけれど、死なないくらいの希望ならあるはずだ。

2018・11・28の日記

またひきこもり状態に戻ってしまった。作業所を休むようになってから外出をしなくなってしまった。まあ作業所に通っていたころも作業所以外に外出なんてしていなかったのだが。

ひきこもりで働けるようになるならひきこもりでも構わないのだけれど、全然ひきこもりで稼げるようになるビジョンが見えない。一応クラウドワークスで仕事をこなしてみてはいるけれど、これで生計が成り立つようになるとは到底思えない。やっぱり自分でウェブサイトを作って収入を得られるようにしなければ難しいだろう。

作りたいと思っているウェブサイトはあるけれど、これを作って本当に役に立つのかとか、これを作って見に来る人なんているのかとか、全然やる気が出てこなくてまったく前に進まない。なまけていると言われるかもしれないけど、そんなことはないと思ってる。

こうやって文章を書くことも簡単なことではないし、クラウドワークスで仕事をするのも簡単なことではない。家の掃除とか料理とか雑用とかある程度手伝っているし、ゲームばっかりして遊んでいるわけではない。(ゲームも遊んでいるだけではお金にならないけど、RMTで売れるアイテムを手に入れたり、攻略サイトを作ったりすれば収入になる)

なんとか家で生きていけないかと日々模索しているけれど、今のところ、これならいけそう!というめどは立っていない。たぶん本気でやればウェブサイトを作って生きて行くことは可能なのだと思うけれど、いまいち全力でその方向へ向かっていけない。

なまけているわけではないと自分では思っているけれど、もしかしたらなまけているだけなのかもしれない。たしかに自分がやりたいと思っているウェブサイトの作製とか、ゲームの作製とか、記事の作製とか全然進んでいない。やればいいだけのはずなのに進まない。何をすればいいかだいたいわかっているけれど前に進まない。

これは鬱でそうなっているのか、なまけているだけなのか、よくわからない。今は鬱の診断は受けていないし、薬も飲んでいない。昔鬱になりかけているという診断を受けたことがあるけれど、自分では鬱になっていると思わなかったし、薬を飲んだら体調が悪くなっただけだったので、鬱ではなかったと思ってる。

でも最近悲しくなったり辛くなったりして泣くことがあるので、軽い鬱になっているのかもしれないと考えるようになってきた。

今飲んでいるのは精神の軽めの薬だけなので、もしかしたら別の薬が必要なのかもしれない。(薬なしで治せるならそれに越したことはないけど)

なんとかやる気が手に入らないだろうか。受験勉強してた頃とか部活してた頃は、それ以外のことを何もしなくても我慢できたのに、今はすぐに集中力が切れるようになってしまった。これは年齢のせいなのか、病気のせいなのか、環境のせいなのか、何が理由なのだろう。

やる気を手に入れたい。

クラウドワークスで仕事をしてみた【時給】【労働時間】

在宅ワークのサイトとして有名なクラウドワークスで、簡単なタスク系の仕事を1週間こなしてみました。

 

得た報酬の画像がこちらです。仕事内容は一応モザイクをかけました。

 

 

 

 

労働時間

労働時間は内容によって異なり、早いものであれば1分以内、長いものは30分くらいかかりました。感想を書くだけのものだと数分あれば終わりますが、長めのアンケートに答えるものだと時間がかかりました。

 

仕事内容

仕事内容はアンケートに回答するものが1番多く、「新商品に関して感想をお願いします」とか、「ウェブサイトを見て感想を教えてください」とかありました。中には「あなたの心のとらえ方に関する調査」という大学が調査している心理学のアンケートもありました。大学の研究でアンケートをとるためにクラウドワークスを利用するケースもあるようです。私は3つくらい大学からのアンケートに答えました。

 

次に企業などのデータを入力する作業が多かったです。電話番号とか利用料金を検索してきてGoogleのスプレッドシートに書き込んでいく作業でした。書き込む内容はネットで検索すれば出てくるものなので、すぐにできるものでした。本当にすぐ終わりました。めちゃ簡単。

 

他にも、ゲームをプレイしてレビューを書くもの、、本の感想を書くもの、映画の感想を書くもの、元の文章を読んで内容をリライトするもの、ツイッターのキャンペーンをリツイートするものもありました。

 

最も変わっていると思ったのが「画像に関する質問に答える」というもので、お酒の画像が表示されて、ひたすら種類を選別してくというものでした。作業していて、心が無になりました。お酒の種類ってたくさんあるんだな~と思いました。(お酒と一緒に人が写っているものがあり、肖像権的にマズいのでは…と思いました。)

 

 

金額

作業による報酬金額は様々で、安いものは1円、高いものは100円くらいでした。だいたい簡単な作業は10円以下のものが多いです。まぁすぐ終わりますからね、安いのは仕方ないです。大学が実施しているアンケートは比較的高単価のものが多かったように思いました。あと、時間が長くかかるものほど金額は高めに設定されていました。

 

1週間の合計報酬金額は614でした。作業をしたけれどまだ支払われていないものもあるので、これより数十円高い金額が実際の1週間の報酬になります。

 

 

時給

時給はおそらく、30くらいです。作業時間自体は短いのでこれより多い可能性もありますが、仕事を探すために検索する時間が必要なので「作業している時間+仕事を探す時間=労働時間」だと考えると、これくらいになると思いました。破格の安さですね。

 

やはり、まとまった金額で報酬を得たいなら、個別の案件(単価が5000円とかの多くの作業を1度にまとめて依頼してある仕事)を引き受けなければいけないと思いました。小さな金額の仕事で数をこなしていても、報酬は増えないですね。

 

 

感想

最初の頃は何をしているのかよくわからないまま作業をしていましたが、1週間もするとだいたい何をすればいいのかよくわかるようになりました。クライアントがどういう考えで依頼を出されて、クラウドワーカーにどんな方々がいらっしゃるのか、なんとなくわかってきました。

 

パソコンで作業をしていると、画面の向こうに人がいることを忘れてしまいがちですが、自分は仕事を依頼されて仕事を引き受けているんだという意識をしっかりもたなくてはいけないと思いました。パソコンをずっと見続けているので、ゲームをしているような感覚になってしまいますが、しっかりと気を引き締めて仕事はしなければいけないと思いました。

 

今後も引き続きクラウドワークスで仕事をさせていただこうと思います。

世界の食品安全システムの歴史と発展と現状

元の論文
https://academic.oup.com/af/article/8/4/9/5087923

History, development, and current status of food safety systems worldwide

Margaret D Weinroth Aeriel D Belk Keith E Belk

 

 

世界の食品安全システムの歴史と発展と現状

 

導入

1993年大腸菌O157:H7によって引き起こされたジャック・イン・ザ・ボックスの大腸菌集団感染の直後、アメリカは従来よりもより強固な規制食品安全システムを探すようになりました。イギリスでは同じ時期に、牛海綿状脳症(BSE)の発生により西ヨーロッパの食品安全システムの公的信頼が蝕まれました。結果的に、世界中で危害要因分析必須管理点(HACCP)システムの導入に対する興味が高まりました。HACCPの原理に組み込まれたアイデアは数十年前に開発されたものだが、1990年代には、食品微生物基準全米諮問委員会 (NACMCF)7つの原理に基づいて開発された食品生産システムの全体の導入に焦点が当てられ、そのあと国際食品規格委員会に大部分が適応された。この期間中、HACCPの導入を要求した政府・民間企業が増加した。アメリカに限っても、HACCPの導入によって7年以内に食中毒が20%減ると推定された。HACCP導入中、多くの食料品の小売りと食品サービスの購入者は、食品の安全運用システムにおける消費者の信頼を改善させるために、仕入れ先が市場の製品のために従わなければならなかった独自の仕様を追加で開発した。その結果、冗長性の軽減と食品の安全に対して世界で一貫性を持たせることを助ける(まずヨーロッパ、遅れてアメリカ・世界で採用された)食中毒を減らすための好ましい方法に対する追加的な自主的な食品安全運用基準に対するベンチマーク、世界食品安全イニシアチブ(GFSI)システムが作られた。先進国では今、食品の安全に対するHACCPのコアとなる原理を順守しているが、トレーサビリティ、食品の偽造に関する脆弱性、意図的混入を扱う、食の安全をさらに高めるアイデアを考えている。一方発展途上国では、似たような食品安全運用システムの導入に様々な成功を収めているのが見られ、多くの国で多数の食中毒との戦っている。

最も広いレベルで、HACCPシステムは食料品の安全を請け負う予防ベースの方法です。生物学的、物理学的、化学的災害は、このシステムによって防御、軽減、消去することができる。災害の管理に加えて、HACCPに順守しているかを示す記録の保持をこのシステムは含んでいる。

 

結論

過去50年にわたるHACCPの開発は、食品安全結果の改善を文章化させた。(Ollinger and Mueller, 2003) HACCPの進化を通して、今日元の7つの原則のアイデアからの改善があった。産業の協力の面では、GFSIは、HACCPを必要とするすべての、複数の食品安全運用システムがベンチマークされることと、使用が容認されることを認めている。現在、食品安全システムは先進国と発展途上国の間で異なっている。先進国は食中毒を減らすための、トレーサビリティ、持続可能性、食品偽装、食料防御を含む追加の懸念事項とともに、重要な要素を持っている。一方発展途上国は、統一された食品安全基準の規制の実装と戦っている。世界で食中毒を減らし続けるためには、発展途上国の防御システムの実装増加の拡大について注目する必要がある。

 

 

アメリカ東部のアレルギー誘発植物である一般的なブタクサ属(ブタクサ)の気候変動による分布の影響力

元の論文
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0205677

Climate change impacts on the distribution of the allergenic plant, common ragweed (Ambrosia artemisiifolia) in the eastern United States

Michael J. Case , Kristina A. Stinson

 

 

アメリカ東部のアレルギー誘発植物である一般的なブタクサ属(ブタクサ)の気候変動による分布の影響力

 

気候変動は、アメリカ北東部の種の生育、季節学、分布に影響を与えている。これらの変化に対する反応として、いくつかの種が悪影響を受けている間、他の種は恩恵を受けている。気候変動によって恩恵を受けている1つの種は、歴史的および実験的な処理に反応する、一般的なブタクサ属(ブタクサ)であり、アメリカ北部に一年生雑草として広く分布しているとともに花粉症の原因である。気候変動が一般的なブタクサの分布にどのような影響を与えるかをよりよく理解するために、私たちはアメリカ東部全域の700以上の観測点における生物データと気候データを用いて最大エントロピー(Maxent)予測モデルを作成した。私たちのモデルは、4つの関連性のない変数、降水量を含んでいる季節性、昼間の平均気温範囲、8月の降水量、1月の最高気温を使いAUCスコア0.75で良好に動作した。私たちのモデルを構築してテストした後、中世紀と後半世紀における2つ未来の温室効果ガスシナリオの下で、13の全球気候モデル(GCM)を用いて潜在的な将来の一般的なブタクサの分布の可能性を予測した。将来拡大の可能性があるジオリファレンスされたホットスポットの提供に加えて、私たちはまた一致するGCMの位置を評価することによって信頼できる指標を提供する。私たちは、フロリダ中部、アパラチア山脈南部、バージニア州北東部においてのブタクサ属の収縮、それ以外の北側(特にアメリカ北東部)においてのブタクサの拡大を示した。しかしながら大多数の増加は、中世紀の投影であり20170年代にいくらか穏やかになる可能性があり、一般的なブタクサが気候の変化に敏感である可能性が示されている。しかしながら他の要因やモデル作成によるアプローチを探すべきであり、私たちは一般的なブタクサの分布において、将来新たな懸念事項になるかもしれない予備的な洞察の提供をしています。ブタクサの健康への影響によって、地元の雑草を管理する組織は、モニターエリアの拡大と潜在的な増加の根絶を忠告されるかもしれません。

 


気候変動によって植物の生育地が変わったら、人間がかかるアレルギーの種類も変わるんでしょうか。

私も鼻炎持ちなので、花粉とかなるべくなくなってほしいですね。