野菜と果物の摂取量の変化は、体重の変動にどう影響があるのか

元の論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26394033

Changes in Intake of Fruits and Vegetables and Weight Change in United States Men and Women Followed for Up to 24 Years: Analysis from Three Prospective Cohort Studies.

Bertoia ML, Mukamal KJ, Cahill LE, Hou T, Ludwig DS, Mozaffarian D, Willett WC, Hu FB, Rimm EB.

PLoS Med. 2015 Sep 22;12(9):e1001878. doi: 10.1371/journal.pmed.1001878. eCollection 2015 Sep.

 

 

アメリカ人男性と女性の果物と野菜の摂取量と体重変化の関係を24年調べた:3つのコホート研究による分析

 

背景

現在の食事のガイドラインは、様々な果物と野菜を摂取することを勧めています。しかし、栄養成分に基づけば、ある特定の果物や野菜においては、健康的な体重の達成と維持に多かれ少なかれ有益でしょう。私たちは、繊維含有量の高い低グリセミック負荷の果物と野菜をより多く消費することは、健康的な体重とより強く関係があると仮定した。

 

検証方法と発見

私たちは、アメリカ人男性と女性合計133,468人に対して、大規模な3つの前向きコホート研究による、特定の果物と野菜の摂取量と体重変化の関係を調査した。1986年から2010年まで、これらの関係は、複数の4年間以内の間隔で調査し、同時にそれ以外のライフスタイルの変化である、身体活動と喫煙状況とダイエットという他の要素も調査した。結果は、ランダム効果メタ分析を用いて結合した。果物の摂取量の増加は、4年間の体重変化と反比例の関係が見られた。果物全体で、1日当たり-0.53ポンド(95% CI -0.61, -0.44)、ベリー系-1.11ポンド(95% CI -1.45, -0.78)、リンゴ/-1.24ポンド(95% CI -1.62, -0.86)。いくつかの野菜の摂取量の増加は、体重変化と反比例の関係が見られた。野菜全体で、1日当たり-0.25ポンド(95% CI -0.35, -0.14)、豆腐/大豆-2.47ポンド (95% CI, -3.09 to -1.85 lb)、カリフラワー-1.37ポンド (95% CI -2.27, -0.47)。一方、とうもろこし、えんどう豆、ジャガイモなどのでんぷん質の野菜は、体重を増加させた。繊維含有量の高い低グリセミック負荷の野菜は、繊維含有量の低い高グリセミック負荷の野菜と比べて、体重変化と強い反比例の関係が見られた(p < 0.0001)。私たちの分析で、カギとなる交絡因子の測定をしたが、残りの交絡因子の可能性を除外できず、私たちの食べ物は詳しいポーションサイズの質問を頻出させているが、ダイエットに関するいくつかの測定方法は測定誤差を含んでいる。

 

結論

果物とでんぷん質でない野菜の消費量の増加は、体重変化に反比例し、これらの食品の他の特性が体重変化に大きく影響することを示している。

 

とてもわかりやすいグラフがあったので使わせてもらいました。


でんぷんの多い野菜を食べると太るそうです。やっぱり太るのはでんぷんなんですね。肉をたくさん食べる人より、炭水化物をたくさん食べている人のほうが太っている印象があります。太らないためには、でんぷんの少ない野菜を食べないとダメみたいです。野菜だからセーフとか思って、とうもろこしとかジャガイモばかり食べてると太りますよ。気をつけてください。

ヤギは幸せな表情をしている人間を好む

元の論文

http://rsos.royalsocietypublishing.org/content/5/8/180491

Goats prefer positive human emotional facial expressions

Christian Nawroth, Natalia Albuquerque, Carine Savalli, Marie-Sophie Single, Alan G. McElligott

Published 29 August 2018.DOI: 10.1098/rsos.180491

 

 

ヤギは幸せな表情をしている人間を好む

 

概要

動物の家畜化は、人間の環境によりよく適応するための、動物の行動と生理機能を形成してきた。したがって、人間の表情は、犬や馬といった、人と一緒によく働く飼いならされた動物にとって、非常に有益な情報である可能性がある。しかしながら、ヤギのような、主に製品化のために家畜化されたような他の動物に関しては、人間の表情を理解できるかどうか知られていない。この研究は、ヤギに見知らぬ人間の顔の表情(幸せな表情と、怒っている表情)の画像を同時に2枚見せて、区別できるかどうかを調べた。2つの画像は、1.3m離れたテスト場所の片方の壁に垂直に取り付け、ヤギをその壁と反対側の4.0m離れた位置から解放し、自由な探索と刺激の交流を行った。4回のテストを30秒ずつ行った。全体的に、ヤギは最初に幸せな表情と好んで交流した、これはつまり、ヤギは人間の表情に敏感であるということである。右側に幸せな表情が取り付けてあるとき、ヤギは初めに幸せな表情と長い間頻繁に交流した。しかし、左側に幸せな表情が取り付けてあるときは、その傾向はみられなかった。私たちは、生産用の家畜が、異なる感情価の人間の表情を区別し、幸せな表情を好むことを見せた。したがって、家畜化された動物の認知能力の影響は、前提とされているものよりも大きい可能性がある。

 

結論

私たちは、ヤギが人間の表情を区別することを初めて示した。ヤギは表情を区別できるだけでなく、ヤギの性別や人間の性別に関係なく、一般的に幸せな表情を好む。これらが示唆しているのは、動物が人間の表情を区別する能力は、仲間の家畜化の長い歴史とは無制限に、以前から信じられていたものより広範囲に広がっている可能性がある。

 

 


動物は、思っているより人間の表情を読み取れるみたい。幸せな表情をしている方が、動物も寄ってきやすいし、人間も寄ってきやすいってことですね。

私は、この論文を参考にして幸せな表情をしながらヤギに近づいたら噛みつかれました、みたいな話が聞きたいです。

 

そんな素敵な話をお待ちしております。

初めてイラストを描いた

これまでいらすとやさんの鹿のイラストをアイコンとして使っていたが、自分でウェブサイトを作るならイラストも自分のものが使いたい!と思ったので、描いてみることにした。

 

使ったソフトはKRITA
無料で使える高機能お絵かきソフトとどこかに書いてあった。(どうやら、長年2人で開発しているソフトで、更新がとても遅いかわりにユーザーの要望をよく聞いてくれるので人気だそうだ。もちろん機能が充実しているからでもある)

 

 

今回イラストを描いた手順は

  • とりあえず鹿のイラストをググってみて、どういうイラストを描けばいいか探す
  • 鹿の輪郭を描く
  • 耳と角を描く
  • 色を塗る

完成!

 

 

 

これが、私が初めて描いたイラストだ(右下になにかいるけど気にしない)

 

まぁこんなものだよな、ということで、一応完成にした

 

 

 

が、

 

 

なんというか、、、

 

 

 

やっぱり、、、

 

 

 

下手だな、、、

 

 

 

しょぼいな、、、

 

 

 

なんだかな、、、

 

 

 

もう少しでいいから、、、

 

 

 

どうにかならないか、、、

 

 

 

と思ったので、もう少し頑張ってみることにした。

 

 

まず、色が暗すぎたので、明るくした。

 

 

これだけでも結構よくなった。

 

とりあえず、ツイッターのアイコンとして使ってみたら、背景に色があったほうがいいことに気づいた。

なので、背景に色をつけてみた。あと、右向きのほうがすきなので、左右を反転させた。

 

 

なかなかいい感じになった。

 

ここでもう一度鹿の画像をググってみた。

鹿には様々な種類がいて、種類によって色も結構違っていることが分かった。

おなかから口のあたりまで違う色の鹿がいることも分かった。

 

よし、鹿に模様を足そう!

 

と安直な発想で、口のあたりを違う色にして、模様をつけることにした。

ついでに、耳も同じ色をつけ加えた。

それがこちら

 

 

これがなかなか良い!

 

でも、ツイッターのアイコンとして使うと、右上に妙な空白ができてしまう。

何か足したいけど、どうしようか、、、

そういえばビックリマークとかあるな、、、

でもいつも驚いているアイコンっておかしくないか、、、?

(いろんな人のツイッターのアイコンをチェックする)

(とあるアカウントのツイッターのアイコンを眺め)あっ、これいいな、、、

 

 

 

パクろう!

 

そして、ところどころ修正をして、、、最終的に完成したのがこちら

 

 

 

 

いい感じ!これでOK

 

気づきのマーク()をつけ加えました。

 

これで、アイコンにちょうどいいイラストが描けました。(左下の残像は、アイコン設定のときにカットされるので問題ない)

 

 

初めてのイラストにしては、よくできたんじゃないかと思いました。結構気に入ってます。

 

これからしばらくこのアイコンでやっていこうと思います。

 

ウェブサイトを立ち上げた

さくらインターネットでレンタルサーバを、

お名前.comでドメインを手に入れて、

WordPressでウェブサイトを立ち上げた。

 

WordPressは以前使ったことがあるので、懐かしい感じがする。

昔作ったWordPressのサイトは、お金を使いたくなかったので、エックスサーバーの無料サーバーを使っていた。

やはり、お金を払ってサイトを作るとなると気合が入る。1年契約なので、とりあえず1年間は頑張ってサイトをカスタマイズしてみようと思う。買ったばかりのドメインは、ドメインパワーが弱いのであまりアクセス数は増えないかもしれないけど、、、

 

最近は無料で学習できるサイトで、少しずつ勉強している。追加料金を払って応用まで勉強しようかどうか迷っている…。本を買ったりするのとどちらがいいだろう?

Progateとドットインストールで勉強しているけれど、どこまで役立てることができるだろうか。

HTMLCSSが理解できれば、ウェブサイトは作れるはずなので、少しずつやっていこうと思う。

 

当面の目標は

1.無料で学習できるサイトで、ウェブサイト作製の勉強を終わらせる

2.複数のウェプページを作る

3.簡単なゲームとか作る

4.グーグルアドセンスの設定

こんな感じで行こうと思う。道のりは長い…。