世界の食品安全システムの歴史と発展と現状

元の論文
https://academic.oup.com/af/article/8/4/9/5087923

History, development, and current status of food safety systems worldwide

Margaret D Weinroth Aeriel D Belk Keith E Belk

 

 

世界の食品安全システムの歴史と発展と現状

 

導入

1993年大腸菌O157:H7によって引き起こされたジャック・イン・ザ・ボックスの大腸菌集団感染の直後、アメリカは従来よりもより強固な規制食品安全システムを探すようになりました。イギリスでは同じ時期に、牛海綿状脳症(BSE)の発生により西ヨーロッパの食品安全システムの公的信頼が蝕まれました。結果的に、世界中で危害要因分析必須管理点(HACCP)システムの導入に対する興味が高まりました。HACCPの原理に組み込まれたアイデアは数十年前に開発されたものだが、1990年代には、食品微生物基準全米諮問委員会 (NACMCF)7つの原理に基づいて開発された食品生産システムの全体の導入に焦点が当てられ、そのあと国際食品規格委員会に大部分が適応された。この期間中、HACCPの導入を要求した政府・民間企業が増加した。アメリカに限っても、HACCPの導入によって7年以内に食中毒が20%減ると推定された。HACCP導入中、多くの食料品の小売りと食品サービスの購入者は、食品の安全運用システムにおける消費者の信頼を改善させるために、仕入れ先が市場の製品のために従わなければならなかった独自の仕様を追加で開発した。その結果、冗長性の軽減と食品の安全に対して世界で一貫性を持たせることを助ける(まずヨーロッパ、遅れてアメリカ・世界で採用された)食中毒を減らすための好ましい方法に対する追加的な自主的な食品安全運用基準に対するベンチマーク、世界食品安全イニシアチブ(GFSI)システムが作られた。先進国では今、食品の安全に対するHACCPのコアとなる原理を順守しているが、トレーサビリティ、食品の偽造に関する脆弱性、意図的混入を扱う、食の安全をさらに高めるアイデアを考えている。一方発展途上国では、似たような食品安全運用システムの導入に様々な成功を収めているのが見られ、多くの国で多数の食中毒との戦っている。

最も広いレベルで、HACCPシステムは食料品の安全を請け負う予防ベースの方法です。生物学的、物理学的、化学的災害は、このシステムによって防御、軽減、消去することができる。災害の管理に加えて、HACCPに順守しているかを示す記録の保持をこのシステムは含んでいる。

 

結論

過去50年にわたるHACCPの開発は、食品安全結果の改善を文章化させた。(Ollinger and Mueller, 2003) HACCPの進化を通して、今日元の7つの原則のアイデアからの改善があった。産業の協力の面では、GFSIは、HACCPを必要とするすべての、複数の食品安全運用システムがベンチマークされることと、使用が容認されることを認めている。現在、食品安全システムは先進国と発展途上国の間で異なっている。先進国は食中毒を減らすための、トレーサビリティ、持続可能性、食品偽装、食料防御を含む追加の懸念事項とともに、重要な要素を持っている。一方発展途上国は、統一された食品安全基準の規制の実装と戦っている。世界で食中毒を減らし続けるためには、発展途上国の防御システムの実装増加の拡大について注目する必要がある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です