ネットの懸賞に当選した

日本ハム森の薫りプレゼントキャンペーン(ネット懸賞)に当選した!

こういうネットで応募するタイプの懸賞って、応募人数も多いだろうから当たらないだろうと思っていたけど、当たった。なんで当たったのかわからない。(たぶん運)

ネットで応募する懸賞ってら結構存在していて、有名な食品メーカーなら毎月キャンペーンで募集しているし、JAも各地域ごとに毎月プレゼントをしてます。(変わりどころだとNEXCO西日本とか、キッズステーションとか、図書カードNEXTとかがあります。)それぞれの当選確率がどれくらいなのかはよくわからないけど、応募すればちゃんと当たるみたい。当選させなくてもばれないと思うけど、真面目にプレゼントしているみたいですね。

(そういえば以前、クロスワードパズル雑誌の懸賞で、当選者数を偽っていた問題がニュースになったことがあったなぁ。。。こういう当選しますと言っておいて当選させないのは景表法違反になるのかもしれない。。。)


ちなみに今回当選した日本ハムのキャンペーンは当選者20名でした。商品はウインナーとハムが2パックずつ。

当選した商品がこちら

見えにくいけど、ウインナーの奥にハムがあります。

当選おめでとうございますという紙も入ってた。

ムーミンが下にいる。かわいい。




ある日時間を持て余していた時に、なんだか無性に懸賞に応募してみたくなって、ひたすら懸賞に応募し続けた時期がある。(それが今回の結果につながった)

懸賞に応募した数はおそらく50以上で、そのうちの1つ(日本ハム森の薫りプレゼントキャンペーン)が今回当たった。正直他に当たってほしいもの(家電とか)がたくさんあったけど、まあ無料でウインナーとハムが手に入るならそんなことはこの際どうでもいい。ネットでサイトに会員登録してクイズに答えるだけで良質なお肉が手に入るのだから、こんなに楽なことはない。ネットでカチャカチャとキーボードを入力しただけで手に入る見返りとしては最高だろう。


最近ふりーむというサイトにメルマガ登録してみたら、Twitter懸賞に関するお得な情報をGETすることができた。大手の会社は自動で懸賞を判別してしまう(プログラムで設計されている)から意味ないけど、あまり大きくない会社や懸賞を手動で抽選しているような小さな規模のキャンペーンなら、応募時期によって当選確率が変わるらしい。

手動で選ぶ場合、応募が殺到する時間帯は、人間の手ですべてをさばくことができない。だから一部の人は、当選者を選ぶためのリストから外してしまって(外れてしまって)そもそも当選しなくなってしまうことがあるらしい。

なのでTwitterで応募するタイプの懸賞は、人が応募していない時間帯を見計らって応募するといいらしい。あくまでも小規模のキャンペーンに限られるけど。(今回当選した日本ハムは、おそらくプログラムで適当に当選させるタイプのものだと思うので、どんな工夫をしても関係ないように思います。)


懸賞の応募はこれからも続けて行こうと思います。また何か当たったらブログに書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です