アメリカ東部のアレルギー誘発植物である一般的なブタクサ属(ブタクサ)の気候変動による分布の影響力

元の論文
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0205677

Climate change impacts on the distribution of the allergenic plant, common ragweed (Ambrosia artemisiifolia) in the eastern United States

Michael J. Case , Kristina A. Stinson

 

 

アメリカ東部のアレルギー誘発植物である一般的なブタクサ属(ブタクサ)の気候変動による分布の影響力

 

気候変動は、アメリカ北東部の種の生育、季節学、分布に影響を与えている。これらの変化に対する反応として、いくつかの種が悪影響を受けている間、他の種は恩恵を受けている。気候変動によって恩恵を受けている1つの種は、歴史的および実験的な処理に反応する、一般的なブタクサ属(ブタクサ)であり、アメリカ北部に一年生雑草として広く分布しているとともに花粉症の原因である。気候変動が一般的なブタクサの分布にどのような影響を与えるかをよりよく理解するために、私たちはアメリカ東部全域の700以上の観測点における生物データと気候データを用いて最大エントロピー(Maxent)予測モデルを作成した。私たちのモデルは、4つの関連性のない変数、降水量を含んでいる季節性、昼間の平均気温範囲、8月の降水量、1月の最高気温を使いAUCスコア0.75で良好に動作した。私たちのモデルを構築してテストした後、中世紀と後半世紀における2つ未来の温室効果ガスシナリオの下で、13の全球気候モデル(GCM)を用いて潜在的な将来の一般的なブタクサの分布の可能性を予測した。将来拡大の可能性があるジオリファレンスされたホットスポットの提供に加えて、私たちはまた一致するGCMの位置を評価することによって信頼できる指標を提供する。私たちは、フロリダ中部、アパラチア山脈南部、バージニア州北東部においてのブタクサ属の収縮、それ以外の北側(特にアメリカ北東部)においてのブタクサの拡大を示した。しかしながら大多数の増加は、中世紀の投影であり20170年代にいくらか穏やかになる可能性があり、一般的なブタクサが気候の変化に敏感である可能性が示されている。しかしながら他の要因やモデル作成によるアプローチを探すべきであり、私たちは一般的なブタクサの分布において、将来新たな懸念事項になるかもしれない予備的な洞察の提供をしています。ブタクサの健康への影響によって、地元の雑草を管理する組織は、モニターエリアの拡大と潜在的な増加の根絶を忠告されるかもしれません。

 


気候変動によって植物の生育地が変わったら、人間がかかるアレルギーの種類も変わるんでしょうか。

私も鼻炎持ちなので、花粉とかなるべくなくなってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です