もし世界が消えてしまうなら私はリンゴの木を植えないだろう:MMORPGのベータテストにおける何億ものプレイヤーのふるまいを記録した解析

元の論文

https://arxiv.org/abs/1703.01500

I Would Not Plant Apple Trees If the World Will Be Wiped: Analyzing Hundreds of Millions of Behavioral Records of Players During an MMORPG Beta Test

Ah Reum Kang, Jeremy Blackburn, Haewoon Kwak, Huy Kang Kim

 

 

I Would Not Plant Apple Trees If the World Will Be Wiped: Analyzing Hundreds of Millions of Behavioral Records of Players During an MMORPG Beta Test

 

 

もし世界が消えてしまうなら私はリンゴの木を植えないだろう:MMORPGのベータテストにおける何億もののプレイヤーのふるまいを記録した解析

 

 

概要

この研究では、究極の状況の代理としてMMORPGArcheAge のベータテスト終了時のプレイヤーのふるまいを使った:ベータテストが終了するということは、すべてのユーザーのデータが消去されるとういうことである、したがって、最後の数日間のゲーム内でのプレイヤーの行動による産物もペナルティーもすべて無意味になるということである。私たちはArcheAge の第4期のベータテスト終了の27000万の記録を解析した。私たちは明らかなパンデミックのような行動の変化を見つけることはなかった、しかしいくつかの異常値(例:プレイヤー狩り)のような反社会的行動が示された可能性は高い。私たちの国のたとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える”という格言に反するものを見つけた、ベータテストが終了するときは、アビリティーチェンジ、レベリング、クエストの完了が劇的に減ったり、プレイヤーがキャラクターの成長を放棄するのが見られた。

 

 

議論と結論

この研究では、MMORPGのベータテスト終了時のユーザーのふるまいの理解に焦点を当てた。私たちは究極の状況の代理としてMMORPGArcheAge CBTの詳細なログを使った:CBTが終わるとき、すべてのユーザーのデータが消去される、したがって結果としてプレイヤーのゲーム内での最後の数日の行動は無意味になる。私たちは架空のシャーレの面でプレイヤーの行動がどのように時間とともに進化したかとCBTが終わる直前に特に行動が変化したところに焦点を当てて調べた。

私たちはCBTが終わるときに明らかなパンデミックのような行動の変化を見つけることはなかった。私たちが見つけたいくつかの反社会的行動に頼ったプレイヤー(殺人など)は、集計の心理を通してみるとチャットでは親睦的な傾向だった。個人のユーザーの行動が変わるときに焦点を当てるとき、終わりまで滞在したプレイヤーと終わり前に自発的に残ったチャーナーとの間に重要な差異を見つけた。特に、私たちが見たチャーナーは反社会的行動(PK)を示した可能性が高かった。ネットワークの解析を使って、私たちはコミュニティーに関連する行動ピークを調べた。興味深いことに、コミュニティーはポジティブとネガティブのピークを同時に含んではいなかった。(例、ポジティブなピークとネガティブなピークは関連がなかった。)プレイヤーの同じ時間の2つの異なった典型的なふるまいは変わることがなかった。最後にCBTが終わるとき、私たちの国の格言に反するものを見つけた、プレイヤーはキャラクターの成長を放棄し、アビリティーチェンジ、レベリング、クエストの放棄が劇的に増加した。

 

 

 


最後になってリンゴの木を植えようとは思わないですよね。

私も何か別のことをすると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です