“あなたを幸せにすることは私を幸せにする”スマートウォッチを用いた個人の気分の測定

元の論文

https://arxiv.org/abs/1711.06134

“Making you happy makes me happy”Measuring Individual Mood with Smartwatches

Pascal Budner, Joscha Eirich, Peter A. Gloor

 

 

“Making you happy makes me happy”Measuring Individual Mood with Smartwatches

“あなたを幸せにすることは私を幸せにする”スマートウォッチを用いた個人の気分の測定

 

概要

私たちはスマートウォッチ上の身体センサーの解釈に基づいて個人の幸福度を測定するシステムを紹介します。 私たちのプロトタイプシステムでは、Pebbleのスマートウォッチを使用して、活動、心拍数、光レベル、GPS座標を追跡し、さらに気象データ、湿度、曜日などの外部情報で拡張します。 スマートウォッチに手動で入力したデータを私たちのランダムフォレストを使用した機械学習ベースの気分予測システムでトレーニングして、最大94%の予測精度を達成しました。 私たちは、身体の信号のほかに、気象データが気分に強い影響を及ぼしていることを発見しました。 さらに、私たちのシステムでは、私たちの肯定的または否定的な気分の指標である友達を特定することもできます。

 

 

限界と今後の研究

この研究限界は、サンプルのサイズが小さいことです(頻繁に気分を入力をした60人の参加者と、パーソナリティおよび個人データのアンケートに記入した33人)。 また、参加者が幸福研究に興味を持っているという選択バイアスがあるかもしれません。 したがって、異なる年齢の人やより異種のグループの人、職業、精神疾患の病歴および婚姻状態などの他の変数を管理するなど、ランダムに選択されたより大きなサンプルについてこの実験を再現することを提案します。

それでも、私たちはアリストテレスの目標である”良い友達”で私たちを囲んで幸せを増やすこと、ビル・ゲイツの感覚で成功を測ること、個人の幸福を増幅し追跡する新しいシステムを紹介したと思います。

 

 

 


やっぱり気分と天候は関係があるみたいですね。天気が悪いと気分も悪くなる。温度と湿度は重要ですね。

この研究では、気分が良くなる友達も識別することができるみたいです。

すごい個人情報を握られている感じがします。。。人間関係までデータ化されてしまうなんて。。。嫌われる人と好かれる人がはっきりしてしまう。。。

 

生々しい社会ですね。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です